寒冷フェチブログ

レティクル・ザ・妄想から移行しました

お姉チャンバラの映画がすごい件

お姉チャンバラ THE MOVIE
前に映画化の話を知った時は「フーン」くらいしか思わなかったんですが。

水着の衣装のみで外で一週間ぐらいかけて撮ったんですね。真冬だったので、最低気温マイナス5℃ぐらいいきまして、ウエットティッシュもリップクリームも全部凍ってるなか、闘いをして、ワイヤーにも吊られ、寒い、つらい、痛いの三重苦を乗り越えて涙を流しながらやった撮影で思い出深いです。
http://www.scramble-egg.com/artist/event08/onechanbara02.htm

真冬に水着風コスチュームで撮影がんばってます。まちがいなくドMです。一種の罰ゲームにも見えますが、私には快感です。(~o~)
http://ameblo.jp/elly-go-round/entry-10070278480.html

他にもぐぐると色々制作秘話みたいのが出てくんですが、妄想が刺激されまくります。出演者の中で一人だけ水着ってのもポイント高い。しかも一番出番多いのに。そしてこのコ、普段は水着の仕事やってないそうじゃないですか。他のヒロインはグラビアアイドルで水着慣れしてるのに。監督分かってるねー。映画自体はつまんなそうですが観てこようと思う。ていうか本編どうでもいいからメイキングだけ売って欲しい。人気出れば続編とかもありえると思うので皆も観に行け。次回作の舞台が雪山ならDVD10枚買う事も検討。